ガリ版印刷のポストカード

平成生まれの方には、もはや何か分からないであろう、『ガリ版印刷』。
私も、実際にやったことは一度かニ度。それも、図工の授業の一環だったような気がします。


昔、学校の配布プリントやテスト用紙が、わら半紙にガリ版印刷だったんです。正式名称は『謄写版(とうしゃばん)印刷』だそうです。



ヤスリと呼ばれるザラザラの台の上にロウ原始を置き、その上から鉄筆で文字や図版を手描きしてしていき、ロウ原紙部分に孔があいて、それがそのまま版になります。その版の上からローラーでインクを引くと、孔を通してインクが紙に転写されるという、ごくごくシンプルで手描きに最も近い印刷手法です。

(各¥210)


インクの練り具合で印刷の印象が変わってくるそうですよ。
印刷は印刷でも、人の手による、あたたかみのある印刷ですね*