ふくら雀の印判

「ふくら雀」という、冬場のもこもこ羽が膨らんだ、ふっくらして見える雀をそう呼ぶのですが、昔からモチーフとして人気があります。

 

こう、羽を広げた状態を上から見たように描かれています。

なかなかかわいい柄なので、好きな柄のひとつなのですが、お茶碗で使われているのは初めてお目にかかりました*

f:id:banashow:20191102153849j:plain

(各¥550/配送size:60size)

 

 

印判で、カジュアルな雰囲気です。

割と厚手なタイプなので、ご飯でも良いですが、お鍋の取り鉢にどうでしょう?

f:id:banashow:20191102153858j:plain

f:id:banashow:20191102153908j:plain

ふくら雀は、豊かさや繁栄を象徴する縁起物とされてきました。

いずれも、富と繁栄の意味が込められています。

また、「食べるものに困らないように」、「豊かに暮らせるように」という願いもこめれらているんだそうですよ。

f:id:banashow:20191102153920j:plain

f:id:banashow:20191102153924j:plain

 

 

 

 

 

 

 

※ご注文時、お問い合わせ時にブログの掲載年月日を書き忘れておられることが多いです。記載がなければ商品の特定ができないので、ご面倒ですが必ずブログの掲載年月日をお書き添えくださいますよう、お願いいたします。

 

 

※通販でのクレジット決済が可能になりました

通販ご希望の方はこちらのフォームから。

 

お取り置きやその他お問い合わせはこちらのフォームから。