古いモノ

小さすぎて埋もれているもの

なんせ、ぎっちり上から下まで商品が並んでいるので、 「そんなのもあったの?」と思われるくらい、思わぬところに思わぬ小さい商品が置かれていたりします* 私自身もちょっと忘れていたりもするのですが(笑) 実は結構好きで、見かけると仕入れてしまうの…

花のモザイクタイルみたいな

最近、昭和のデッドストックでいいなと思うカップ&ソーサーが見つからなくて、バリエーションがさっぱり増えてなかったのですが、久々にかわいいの見つけてきました! 懐かしのHOYAのデッドストックです。 コーヒーと紅茶兼用のデザインなので、コーヒー専用…

あっさり風味の鳩サブレー

先月ご紹介して、あまりの反響にちょっとビビってしまった金縁の鳥型皿。 おかげさまで金縁バージョンは完売してしまったのですが、それの金縁なしバージョンが手に入ったのでご紹介します。 banashow.hatenablog.com 金縁がない分、あっさり風味の鳩サブレ…

早い者勝ち!

《瀬戸物》=うつわと言うこともあるくらい、瀬戸は昔から焼き物の産地ですが、今日ご紹介したいのは、そんな産地で昭和の時代に作られていたお湯のみです。 なんだかものすごく可愛い柄がいっぱいあって、形も一般的な湯のみではなく、抹茶碗を小さくしたよ…

チョウチョとコウモリ

いい天気ですねー。 絶好のお花見日和です* 今日はちょっと風変わりな絵柄の取り合わせ。 真ん中に《チョウチョ》、まわりに《コウモリ》です。 (各¥1000/配送size:60size) 《コウモリ》と聞くとなんとなく不吉なイメージなのですが、実は中国では縁起…

真鍮好き

今日もなんだか変な天気と寒さが。。。 明日の定休日は花見の予定なんですが、寒そうですね。。。 週末に花見の予定の方は、満開で暖かい気候で気持ち良さそうですよ* 桜の開花状態をチェックしてきますね⭐️ 古い、真鍮の大きなタライです。 《真鍮》という…

シンプル。小さめ。少しの楽しみ。

なんだか雨が思いの外降りますねー。 暖かい日のはずなんですが、意外に冷えます。 なんてことないワイングラスなのですが、シルエットが気になって仕入れてきた、HOYAのデッドストックのワイングラスです。 確かに目を引くデザインではないのですが、ちょっ…

置物好きではないはずだけど。。。

なぜだか今日は置物に目がいきました。 あまり置物好きではないはずなんですが、たまに気になる置物に出会うと仕入れてしまうので、置物好きなんでしょうか?? たぶん、オウムかな? クチバシが特徴的ですもんね。 木彫りなんです。 塗られた色も経年変化し…

千鳥が主役の『愛らしい』漆器

“千鳥”はいつでも主役ですが、 今回のお椀の“千鳥”は《お椀のために千鳥がある》んじゃなくて、《千鳥のためにお椀がある》と言いたいくらいの主役感! 上品でおおぶりの“千鳥”がいろんな角度から、これでもかとばかりに可愛さを訴えてきます(笑) 珍しく、…

一瞬の春を楽しむ

今日はあいにくの曇り空ですが、春分の日です。 暖かさだけは、春らしい日ですねー。 本日は祝日ですので、17時までの営業となります。 お気をつけください。 そろそろ近所の土手で顔を出しているかもしれない、“土筆”絵のお猪口です。 お酒を飲んでいる時…

レトロ喫茶気分

1960年代に欧米輸出用に作られた、ローズ柄がレトロなムードのお皿です。 パンケーキ、サンドイッチ、アップルパイ、、、レトロな喫茶店メニューが似合いそうだなという第一印象そのままに、凝りすぎないメニューにしっくりきます⭐️ 直径が19.5センチ。 大き…

マニアック千鳥

今日はちょっとシブく、マニアックです。 骨董や豆皿に興味のない方はお値段の段階でスルーしてしまいそうですが(笑) 忘備録も兼ねてるので、一応アップします* 新潟の旧家の蔵から、千鳥の豆皿です。 織部釉のシブさと千鳥の可愛さの組み合わせが私的に…

八角形の世界

大きな、八角形のお皿です。 アメリカ独立宣言に関係するメモリアル需要から作られたシリーズで、当時の日本硬質陶器(現:ニッコー)が、アメリカ市場向けに製作した輸出用食器です。八角形のデザインが特徴で、のちに「クラシックコレクション」と呼ばれる…

10周年と千鳥と網目

なんと!バナナ商店を始めて、昨日でまる10年経ちました!! 感慨深いような、そうでもないような(笑) なんだか、あっという間の10年でした。 淡々と日々の積み重ねで来たので、思い出すイベントや強烈に忘れられないことがある訳じゃないのが逆に申し…

ガラスの鳩サブレー?

昭和のデッドストックの鳥型のお皿です。 鳥型というのは、なぜかかわいい* (各¥500/配送size:60size) 何か思い出すな?? と思っていたら、鎌倉銘菓の『鳩サブレー』!! 形は違うんですが、なんとなく共通するものがある気がします* 少々深さがある…

これまた、菱形。

別に仕入れる時にテーマを決めている訳ではないのですが、 最近、お弁当箱続きだったり、今回は菱形続きです。 まだご紹介してないんですが、他にも千鳥続きだったりと雑貨屋も10年すると『引き』の力でもつくんでしょうか?? 前回の菱形は印判のお皿と豆…

三人分のティーポット

今日は春のように暖かい日です。 忙しい日という心づもりをしてこなかったのに、予想外に忙しくて頭の中がふわっふわしてたので先ほどコーヒーを飲んで鎮めてました。。。 やっぱり暖かくなると出かけたくなるし、買いたくなるんですね* 今朝仕入れてきた古…

ブーケのお皿

硬質な雰囲気と花の組み合わせが綺麗な、ブーケのようなお皿です。 金属製(たぶんスチール製)のお皿なのですが、なかなか細かい装飾がされていて、色がないながら目を引いたので、仕入れてきました* 昭和のデッドストックなのですが、セットでカップがあ…

コーヒー愛好家にはたまらない

ほぼ二年半前に紹介していた、Melitaの耐熱ガラスのサーバーです。 残り少なくなりましたので、もう一度ご紹介しておきます。 Melitaの耐熱ガラス - バナナな日記 昭和のデッドストックの直火にかけられるタイプのガラスサーバーです。 取っ手がないので、直…

牡丹と七宝のなます皿

今日から三連休ですね。 本日は20時までの営業ですが、 日曜と祝日は17時までの営業となりますのでご注意ください。 使い出すと、その使いやすさにびっくりする、『なます皿』 だいたい直径15、6センチくらいの浅めの鉢のことなのですが、 江戸時代は…

紙のように軽い

いい急須や湯のみを扱うと、いい茶托が気になり始めます。 今まで茶托にまで意識を向けてなかったのですが、気になってしまうと自然と仕入れの時にも目に入ってしまうという。。。 古い茶托がいいのは、ほぼ全部 無垢のくりぬきで作られていて、長年のうちに…

縁起のいい文様の組み合わせで出来ている

久しぶりに好きなタイプの豆皿が仕入れられました。 小さくても異彩を放つ骨董の豆皿は使い慣れると手放せなくなる使い勝手の良さですよ* 現代モノとは違うデザイン、技法、釉薬の雰囲気、手作業ならではのいびつ感、 再現したくても再現できない良さが小さ…

枚数がないのが惜しい皿

昭和のデッドストックのストーンウェアたち。 かわいい柄ならばたくさん仕入れたいものですが、残念ながら今日ご紹介するのは一枚、二枚しかなかったけど、かわいさに負けて仕入れてきたものばかり* しかも今現在三種類とも1枚ずつしかないのですが、覚書…

菱形と波千鳥

菱形が再び! 今度は菱形の豆皿です。 少々印判が雑ですが(笑)、私の好きな“波千鳥”柄です。 (各¥650/配送size:60size) “波千鳥”は、『夫婦円満』『家内安全』を表す縁起柄です。『波』を世間に例え、「大波小波も一緒に乗り越えていきます」という意…

マロンファイブ

もはや昭和のデッドストックにしかない、直火にかけられるガラス製のティーポット。 また一つですが入荷してきました* “marron-5”(マロンファイブ)と名前がついたハリオのもの。 なんか特撮ヒーローか美少女戦士のようなネーミング(笑) (¥2500/配送s…

京都の青磁

愛知の旧家から出てきた昭和中期の蓋つき碗なので、瀬戸焼かと思ったのですが、京都の清水焼のようです。 清水焼は絵付けの繊細さが特徴かと思っていたのですが、こんなシンプルな青磁もあるんですね。 あえてシンプルな清水焼を選んだあたり、持ち主だった…

ワクワク感+達成感

今日は、年明け最初の古いモノの仕入れに行ってきました* 新しいものも、見本市やカタログを見てワクワクするのですが、古いモノはそのワクワク感に『掘り出した!』という達成感がプラスされるので楽しいですね♪ 古いモノは年々出回る数が減っていっている…

ちょっと気になる存在感

古く。雰囲気のある白磁の小皿です。 ややグレーがかった色みと、長方形という珍しいカタチ。 なんてことないのですが、ちょっと気になる存在感* (各¥1000/配送size:60size) よくよく見ると、釉薬が薄いところがあったり、ピンホールがあったりして白…

レトロタイル活用法

三連休が終わって、今日から通常通り営業しております。 お休みをいただき、文字通り“休み”まくっておりました* どんど焼きに姪っ子たちと行ったり、寝たり、起きたり、整体行ったり。 昨日は元気だったので、おせちの残りの黒豆を消費すべくマフィンに変換…

実用とインテリア用

5日間休んでたので、たまに思考が停止してしまっている気がします。。。 ブログでご紹介する商品もサクサク決まっていたのに、昨日から「えーーーっと、、、」としばらく考えながら、迷いながら決めてますね。 “日記は1日にしてならず”ですね。 通常運転に…